ゴールデンウィークの予定と『天使の涎』

ゴールデンウィークの営業日のお知らせです。

1日(金)11時~21時30分
2日(土)11時~21時30分
4日(月)11時~21時30分
5日(火)11時~21時30分

良い季節です。
中崎町散歩ついでにお寄りくださいませ。

IMG_20150411_173014

4月は話題の本をたくさん入荷しましたよ。

北大路翼句集『天使の涎』
岡田幸生句集『無伴奏』
中澤系歌集『uta 0001.txt』
千葉聡歌集『海、悲歌、 夏の雫など』
松村由利子歌集『耳ふたひら』

今日は、一週間じんわりと読み続けたこの本を紹介しますね。

新宿歌舞伎町俳句一家屍派、北大路翼『天使の涎』(邑書林)
IMG_20150429_035431

驚きの2000句収録。
すごいのは、どれもおもしろいということ!

小説のように映画のように、3年間の歌舞伎町を無敵のヒーローと歩いてきました。傍観しました。
しんどい時に救ってくれる本なんてないと思っているけど
この本は誰かを救ってしまう可能性があるんじゃないかな。
しんどい時も、うっかり誰かは笑ってしまい、日常に潜むおもしろみに目を向けるのかもな、って。

誰も幸せになんかならない。
だから愛し合ふのさ。

泣きながら走つた道を月がゆつくり

それぞれが勝手に鳴いて虫の闇

長き夜のシラスに一つづつ目玉

長き夜の長く起きてるだけのこと

肉まんのやうなうんこを霧におく


晴天。
こんな日は天国が近くにありさうだ。
でもここはどこなんだらう。

春の川また入院をするのかよ

春の雲は全部餃子だ焼いてくれ

一日中軽い目眩の中を春

好きといふ変な日本語春うらら

次の嚔をポケットティッシュは耐へられまい

 

東京行きの夜行バスに乗り、早朝の新宿を歩くのが好きです。
夜は歩きにくそうだから、カラス天国の町をカラスに遠慮しながら歩く。
次に行くときは、この句集をガイドブックがわりに持ち、
私が見ることはない世界を想像しながら歩きたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>